PCMAXで繋がった22歳飲食バイト女子と出会ってきた

どうもウッディ(@woody5363)です。

 

 

ブログ立ち上げに悪戦苦闘ですが、これまでの経験を紹介していきます。

 

 

 

年間約1~2回は遠方への出張があります。

 

 

東北への出張があり、そこでの体験をレポートしてみます。

 

 

 

場所は東北の某有名都市

 

 

 

 

 

 

深夜サイトを開いて見ます。

 

 

 

 

 

 

出会ったのはこのサイト。

PCMAX
都会での使用に爆発的な出合い率で定評のあるサイト
創設15年以上の健全な運営実績で参加会員数1,000万人を超える国内最大級の優良出会い系マッチングサイト
・アクティブユーザーが多い
・1日のカキコミは全国で1万5千件
・サクラの排除には徹底されている

 

 

 

短文で投稿あり

 

 

 

 

「今から会える方いますか?今〇〇のネカフェにいます。」

 

 

 

なんだか怪しいが、とりあえずメッセージを送信。

 

 

 

 

ウッディ「今〇〇にいてすぐに行けますよ!」

 

 

 

すぐさまレスポンスあり。

 

 

 

 

距離的に少しあり数十分程度到着に時間を要することを伝えると了承。

 

 

 

 

 

急ぎばやに指定されたネカフェに到着しました。

 

 

 

 

 

 

そこはビルの数階上にネカフェがありエレベーターで上がる様になっていました。

 

 

 

 

 

 

下まで出てきてもらいます。

 

 

 

 

 

 

何だかんだ美人局とか、デブスな可能性も否定はできませんからね。

 

 

 

待つ事数分…

 

 

 

 

エレベーターからひょっこり顔を出す彼女

 

 

 

アジアンの馬場園似

※イメージです

 

 

パンクロック好きそうな革ジャンにバンT

 

 

 

ややぽっちゃりだけど胸の大きさが目立つ

 

 

 

深夜の為完全にすっぴん

 

 

 

どうしようかと尋ねてみると、割り切りとかではなく本当に寂しかっただけの様子。

 

 

ホテルへのお誘いもすんなりOKw

 

 

 

ホテルへ移動後、デルヘルの情報誌に興味があり広読み出す彼女

 

 

 

風俗や出会い系について雑談をしながら、すかさず横に座っておっぱいを触り出す。全く抵抗なし。

 

 

 

やはり大きさは文句なし、ハリも抜群

 

 

 

邪魔なものは取っ払おうねーってTシャツとブラをとると

 

 

 

100点のおっぱい

 

 

 

 

乳首はうっすらサーモンピンクで大きくもなく小さくもなく、ブツブツなくやや控えめにひょこっと突起あり

 

 

 

 

垂れる事なくハリは抜群

 

 

 

 

自分でもおっぱいは自慢らしく、他の男子からも絶賛されると

 

 

 

はいその通り、貴方のパイ乙100点です

 

 

 

 

山田くん、彼女のおっぱいに座布団3枚

 

 

 

そんなおっぱいを目にするなりむさぼりつきます。

 

 

 

控えめな声だが漏れ出します。

 

 

 

「んっ…んっ…」

 

 

 

ソッコーズボンも脱がせお互いスッポンポンに

 

 

 

あそこの毛は控えめですが、整えてはいない自然な生えぎわ

 

指を入れると中の圧力はすごく、ぎゅーぎゅー圧迫してきます。

 

 

 

やはりぽっちゃりの子は締まりがいいことが多いですね。

 

 

 

指を入れながらクリを撫でるとキュッキュ締め付けてきます

 

 

 

ひとしきり攻めたところで攻守交代

 

 

 

フェラは若いだけあって普通

 

 

 

まぁそのぎこちなさがまたいいんですw

 

 

 

ギンギンなところにさらにパワーアップしたのでソッコーin

 

 

 

入れた瞬間からビクビク感じるタイプ

 

 

 

 

体に電気が走る様にビクッと感じています

 

 

 

体位を変えてバックでも

 

 

 

やばい、締まりが半端なさすぎる

 

 

 

スピードを抑えつつも吸い付くあそこにノックダウン

 

 

 

深夜に優良な案件となりました

勝算

深夜に活動し、詳細がわからない投稿にメッセージを送った

スピード感重視、やりとりで30分程度で直接会えることを伝えた

 

この記事を読んで、こんな出会いがしたいと思った既婚者が読むべき記事はこちら

注意パートナーとの性生活で満足している、風俗での性処理で事足りている方は開かないように!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事